菊芋の効果・効能とは?効果を実感するために必要な量は?

菊芋の効果・効能とは?効果を実感するために必要な量は? 効果

このページでは菊芋の【効果・効能】についてまとめます。
菊芋は血糖値を下げる効果があると有名ですが、細かく見ていけば他にも効果が沢山あります。

「せっかく菊芋を食べるのであれば、どんな効果があるのか知っておきたい!」
そう思って菊芋の効果や効能について調べました。

それでは菊芋にどのような効果があるのか1つずつ書きますね。

血糖値の上昇を抑える効果

まず菊芋には血糖値の上昇を抑える効果があります。
血糖値の上昇が抑えられるだけでも、身体には様々な影響が現れます。

糖分と脂質の吸収を抑える

菊芋にはイヌリンが含まれており、糖分と脂質の吸収を抑える効果があります。
通常食事すると糖分や脂質が身体に吸収されて、血液中の糖分の濃度が上がります。これが血糖値の上昇ですね。

しかし糖分と脂質の吸収が抑えられれば、必然的に血糖値の上昇も抑えられます。
血糖値は食後に急激に上がりますので、菊芋を一緒に食べて血糖値の上昇を抑えるのが効果的ですね。

意識して食事を控えている人には特にオススメです。
いくら食事を控えても、いずれは食べなければなりません。

吸収を抑えられるのであれば精神的にも随分とラクになります。

中性脂肪の蓄積を抑制

菊芋には中性脂肪の蓄積を抑制する効果があります。
中性脂肪は糖分や脂質がもとになります。

ですので糖分や脂質の吸収が抑えられるのであれば、中性脂肪も作られにくくなります。
作られないものは蓄積しようがありませんよね。

中性脂肪の蓄積は肥満やメタボ体型へと繋がります。
ですので予防策として菊芋を摂取するのがオススメです。

運動量や代謝は加齢とともに少なくなりますので、「運動すれば痩せられる」と言う考えは捨てた方が良いです。
たしかに運動すれば痩せられるかもしれませんが、わざわざ選択肢を絞る必要はありませんよね。

運動しても痩せられる、菊芋を摂取しても痩せられる。
複数の選択肢を組み合わせて体型を維持するのがオススメです。

インスリンの分泌を促す

菊芋はインスリンの分泌を促す働きがあります。
インスリンは血糖値を下げる働きがあるホルモンです。

食後に上昇した血糖値を下げるために分泌されると言えば想像しやすいでしょうか。
上がった血糖値は下げる必要があるんです。

菊芋がインスリンの分泌を促しますので、血糖値が高い人はオススメです。

糖尿病や高血圧の予防

菊芋は糖尿病や高血圧を予防する効能があります。
糖尿病や高血圧は血糖値の上昇が原因のひとつ。

菊芋は血糖値を抑えるので、血糖値が原因で発生する身体の不調を予防できるのです。

薬に頼るのは少し怖いですが、菊芋は野菜ですので自然の力で予防ができます。
菊芋は別名「天然のインスリン」とも呼ばれていますし、血糖値を下げるには最適な食材ですね。

腸内環境を整える効果

次に菊芋には腸内環境を整える効果があります。
腸内環境が整えられるのと言われてもピンとこない人も多いでしょう。

ですので菊芋の腸内環境を整える効果について詳しくまとめました。

善玉菌を増やす

菊芋は善玉菌を増やす働きがあります。
菊芋に含まれるイヌリンは、人の消化器官では消化できません。

腸内まで分解されずに運ばれます。
腸内の菌の活動によって発酵分解されます。

腸内の善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やす効果に繋がるのです。

善玉菌が増えると、脂肪が身体に蓄積されにくくなりますので肥満予防にも効果的ですね。

老廃物の排出を促す

菊芋は腸内の老廃物の排出を促す効果があります。
菊芋に含まれるイヌリンが分解されずに腸内まで運ばれますので、腸が刺激されて活発に活動します。

老廃物が溜まると細胞の働きが悪くなりますし、排出を促すのは健康にも繋がりますね。
ポッコリしたお腹がスッキリします。

細胞の働きがよくなれば、代謝も同様に向上します。
脂肪を燃焼しやすくなり、肌の調子も良くなるでしょう。

外見は気にしないと言う人でも、肌荒れやニキビは煩わしいものです。
肌荒れやニキビから解放されるためにも、腸内環境を整えるのは大切です。

アンチエイジング

菊芋にはアンチエイジング効果があります。
アンチエイジングと言われてもわからない人もいるかもしれませんね。

簡単に言えば老化を防止する効果です。
年をとれば身体は衰えますが、行動次第で衰えの程度をコントロールできるんです。

例えばドロドロした血液は血管を老化させるだけではなく、細胞に栄養が運ばれにくくなります。
菊芋はドロドロした血液になる原因である脂質の吸収を抑えるので老化を予防できるわけですね。

悪玉菌の増加も抑えられますし、いつまでも若々しくありたいなら菊芋がオススメです。

ミネラルの吸収を助ける効果

次に菊芋にはミネラルの吸収を助ける効果があります。
カルシウムや鉄など、身体に必要なミネラルは沢山あります。

しかし摂取したミネラルが全て身体に吸収されるとは限りません。
ですのでせっかく摂取したミネラルが無駄になっている可能性もあるのです。

菊芋はミネラルの吸収を助ける働きがありますので、健康な体作りに役立ちます。
年をとると骨密度が下がって骨折しやすくなりますよね。

カルシウムは骨を作る材料になりますし、菊芋で吸収効率を高めたいですね。

菊芋の効果を実感するために必要な量は?

菊芋を食べても効果を実感できないのでは意味がありません。
菊芋の効果を実感するにはどれくらいの量が必要なのでしょうか?

菊芋の効果のほとんどは、菊芋に含まれるイヌリンによってもたらされます。
イヌリンは1日に10gほど摂取すると良いと言われています。

菊芋に換算すると、1個を目安にすると良いでしょう。
2個だと摂り過ぎてしまいます。

過剰摂取すると副作用を起こすかもしれません。
副作用についてはこちらでまとめていますので参考にしてください。
菊芋の副作用をまとめました

コメント