菊芋はサプリで摂れ!?菊芋サプリを飲むべき4つの理由!

菊芋はサプリで摂れ!?菊芋サプリを飲むべき4つの理由! 食べ方・飲み方

菊芋のサプリがあるのを知っていますか?
菊芋って自分で調理する以外にも摂取できるんです。

ちなみに私は菊芋を調理して摂取するよりも、サプリでの摂取をオススメしています。
なぜ菊芋はサプリで摂るべきなのだと思います?

その理由はこのページを読み勧めて行けばわかります。

菊芋をサプリで摂るべき理由

「菊芋はサプリで摂るべき!」
…と言われてもピンと来ない人は多いでしょう。

「食べればなんでも同じ」
「サプリにこだわる理由がない」
などの考えを持っているのでは?

でもその考えはただの言い訳です。
今までの自分の常識が変わるのを無意識に避けているだけなんです。

では菊芋をサプリで摂ると何が違うのか…?
菊芋をサプリで摂るべき理由は下記の4つです!

手間がかからない

まず菊芋サプリは手間がかかりません。
「そんなの当たり前」と思った人もいるでしょうが、具体的に考えると全然違いますよ。

菊芋を自分で調理することを考えてみてください。
何に調理するのか・下処理・調理…たったこれだけの作業でもそれなりに時間がかかります。

正直料理が苦手な人もいるでしょう。
事実私がそうです。

何度か頑張って菊芋を調理しましたが、結局面倒になって菊芋を買わなくなりました。
菊芋は続けて摂取した方が効果的なことを考えると、自分で調理するのはデメリットでしかないでしょう。

自分が毎日菊芋を調理するところを想像するとわかりますね。
何日続くと思いますか?

想像できなければ一度菊芋を買ってきて試すと良いでしょう。

時間の節約にもなりますし、手間がかからないサプリの方がオススメです。

吸収効率が良い

次に菊芋サプリは吸収効率が良いです。
と言いますのも、基本的にサプリは吸収効率を高めて手軽に摂取するための加工です。

ですので料理に比べて栄養が吸収されやすいのです。

「でも菊芋のイヌリンって消化されないから吸収されないのでは?」と思う人もいるでしょう。
忘れている人もいるかもしれませんが、菊芋に含まれる成分はイヌリンだけではありません。

カリウムや鉄分など、イヌリン以外の栄養素だって含まれているんです。

ですので吸収効率を考えると、料理よりもサプリで摂取した方が良いと考えられます。

摂取量を管理しやすい

次に菊芋サプリは摂取量を管理しやすい利点があります。
菊芋サプリはどれもほぼ同じ量の成分含有量になります。

成分表を見れば自分がどれだけの栄養素を摂取したのか一目瞭然ですね。
どれだけの菊芋を摂取すれば体に変化があるのかデータを取るのも可能ですし、健康維持や体調管理のために菊芋を摂取したい人はサプリでの摂取が良いでしょう。

菊芋を料理で摂ると、自分がどれだけ食べているのか把握するのが難しいです。
1個1個の大きさも違えば、満腹になって残すこともあるでしょう。

と言うことは1日の摂取量がバラつきやすくなります。

少なくとも菊芋の重さを測定して「今日は菊芋を○グラム摂取した!」なんて人はいないと思います。
なんとなくで摂取量を管理すると、目的の効果を得られないかもしれません。

菊芋サプリであれば摂取量の管理をしやすいので、健康面に気を遣っている人はサプリでの摂取をオススメします。

菊芋が苦手でも飲める

そして菊芋サプリは、菊芋が苦手な人でも飲めます。
味にも好みがありますし、人によっては菊芋が全く食べられない可能性も考えられます。

我慢してまで毎日続けて食べるのは難しいですし、菊芋はサプリでサクッと摂取した方が精神的にもラクです。

菊芋のサプリは錠剤・カプセル・パウダーなど、様々なタイプが用意されています。
菊芋の味が苦手なのであれば、カプセルやパウダーでの摂取が良いでしょう。

味が苦手だからと言って、菊芋の摂取を諦める必要はありませんよ!

菊芋サプリの飲み方

菊芋サプリは飲み方も大切です。
何も考えずに適当に飲むよりも、少しでも効果的な飲み方をした方が良い!

ですので菊芋サプリの飲み方のポイントを書きます。

食前に飲む

菊芋サプリは食前に飲みましょう。
菊芋に含まれるイヌリンは糖の吸収を抑える働きがあります。

ですので食前に摂れば、食事後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できるんです。

ときどき勘違いしている人がいますが、一度摂取した成分が蓄積して効果を発揮し続けるなんてことはありません。
ずっと効果を発揮し続けるんだったら血糖値が上がったり下がったりするわけがないですよね(笑)

効果を発揮するタイミングを考えると、食前に摂取するのが良いでしょう。

菊芋サプリは水で飲む

菊芋サプリは水で飲みましょう。
お茶やジュースなどで飲むと、余分な成分を摂取してしまいます。

消化する過程も増えてしまいますし、せっかく吸収されやすい状態に加工しているのにもったいないです。
わざわざ吸収されにくくするのはやめましょう。

ちなみに菊芋を使ったお茶で【菊芋茶】があります。
菊芋茶なら菊芋サプリを飲んでも問題無さそうに思えますが、私はお勧めしません。

菊芋茶で飲むと一度の摂取量が多くなるからです。
菊芋茶も菊芋サプリも、一緒に摂取することは前提に作られていません。

ですので飲み方によっては過剰摂取になるかもしれません。
菊芋を過剰摂取するのは難しいですが…用心するに越したことはないでしょう。

面倒臭がらずに水で飲みましょう。

料理に混ぜて飲む

菊芋サプリにはパウダータイプのものがあります。
パウダータイプは料理に入れても使えます。

錠剤やカプセルが苦手な人は、料理に混ぜて飲みましょう。

基本的に菊芋サプリは、100%菊芋で作られています。
不要な成分は含まれていないので、料理に使っても問題ないのです。

錠剤タイプでも問題ありませんが、固形のまま残ったときのことを考えるとパウダータイプの方がリスクは少ないです。

ただしサプリによっては他のサポート成分を配合している場合もあります。
加熱したら効果が薄れる成分もありますので、料理に混ぜるなら100%菊芋でできたサプリがオススメです。

コメント