菊芋の食べ方は?菊芋のオススメの食べ方はコレ!

菊芋の食べ方は?菊芋のオススメの食べ方はコレ! 食べ方・飲み方

健康食品として今評判の菊芋ですが、一体どんな食べ方があるんでしょうか?

芋ということで、「ゆがく」「焼く」「揚げる」などがパッと思いつきます。
しかし下手に調理して栄養を失うのって嫌ですよね。

ということで今回は菊芋の食べ方について調べます!
オススメの食べ方や、美味しい菊芋の選び方などを調べるので、ぜひ参考にしてください!

美味しい菊芋の選び方

まずは美味しい菊芋の選び方を調べました!
美味しい菊芋のポイントは調べたところ2つありました。

  1. 実が詰まっていて固い
  2. 丸くて太っている

美味しい菊芋の見分け方は簡単です。
丸々していて実が詰まっていて固いものを見つけるだけです。

美味しい菊芋=栄養素が高いなので、見極めるのは大切です。
美味しい菊芋の選び方は覚えておいて損はないので参考に!

次は菊芋の食べ方について調べます。
どうせ食べるなら美味しく食べたいですよね♪

菊芋の食べ方を調べました!

菊芋を美味しく食べる方法を調べました!
下処理の方法やオススメ料理を紹介したいと思います!

菊芋の栄養素を逃さずに、美味しく食べる方法をまとめたので、ぜひ参考にしてください!

菊芋を下処理する方法

まずは菊芋を下処理する方法についてです。

菊芋を水洗いしてまずは皮を剥きます。
皮は薄いので残しても問題ありませんが、皮が気になる人や綺麗に盛り付けたい人は剥きましょう。
皮自体が薄いので実を削らないように、慎重に皮を剥いてください。

そして菊芋はシャキシャキ食感が美味しいので、生で食べる時は切る時に繊維を傷つけないように切ってください。
繊維を切ってしまうと、シャキシャキ食感がなくなり物足りなくなってしまいます。

「調理したら栄養素がなくなるのでは?」と初めに言いましたが、調べてみたところ栄養素はなくならないようなので安心してください。

次は菊芋を美味しく食べられる、オススメ料理を調べます!

菊芋を使ったオススメ料理

菊芋を使った美味しいオススメ料理を調べたので紹介します!

菊芋は基本的にどんな調理方法でも美味しく食べられます。
普通の芋と同じように【茹でる】【焼く】【揚げる】どれでも大丈夫です。

菊芋の料理を調べて、特に評判が良かったオススメ料理をピックアップしました!

  1. 野菜サラダに混ぜる
  2. 汁物に入れる
  3. カレーの具材にする
  4. チップスにする

菊芋の実は、生だとシャキシャキしています。
なので千切りにすると、シャキシャキしていて噛みごたえがあります。
千切りにして野菜サラダに混ぜると、アクセントになって良い感じです!
また芋なのでお腹も膨れるので、ダイエットしている人にもオススメ♪

菊芋はジャガイモの代わりに汁物にもピッタリです。
例えば千切りして味噌汁に入れたり、細かく切ってスープの具材にしたりです。
また裏ごしして作る菊芋のポタージュも絶品!

同様にジャガイモの代わりにカレーの具材にも出来ます。
ジャガイモよりもシャキシャキ感が強いので、カレーに入れると良い食感になります。
またカレールーもしっかり染み込むので食べごたえも!

菊芋はチップスにしても美味しく食べられます。
薄く切って油で揚げるだけなので簡単です。
好きな味付けで美味しく食べられます!
個人的にはシンプルに塩で味付けがオススメ♪

菊芋を使った料理の中で代表的なものを4つピックアップしました。
この4つの調理法以外にも美味しく食べる方法はあります。
アイディア次第で色々な料理に化けるので、最高の調理法を見つけるのも楽しいです。

菊芋の保存方法を調べました

菊芋料理を作った時に、菊芋が残った時の保存方法を調べました!
菊芋は簡単に手に入る物ではないので、まとめ買いする人が多いです。
なので保存方法は絶対に知っておくべきです。

菊芋の保存方法は数パターンあるので、手軽にできる2つの保存方法を紹介します!

  1. 乾燥させる
  2. 冷凍する

少し手間はかかりますが、菊芋を乾燥させる保存方法が1番味が変わりません。
そのまま乾燥させるのではなく、まずは薄くスライスしてください。
スライスした菊芋を水で洗い、天日干しすると完成です。
乾燥させて冷凍することで、味がそのままの状態で保存されます。
食べる時は袋に入れて、湯煎すれば崩れることなく解凍が可能です。

もう1つの保存方法は、乾燥させずに冷凍保存する方法です。
1番簡単ですが、乾燥させていないので味が落ちて、シャキシャキ感もなくなります。
冷凍保存するとサラダには向かないので、火を通して調理しましょう。

他にも土を付けて保存したり、土に埋める方法もありますが、手間がかかります。
それに衛生上なんか嫌な感じがするのでオススメしません。

菊芋はどの部分も食べることが出来ます

菊芋のオススメ料理を紹介してきましたが、菊芋は生でも食べられます。
しかも全ての部分を食べることが出来るので、捨てる部分が無いのです!

実はシャキシャキしている

菊芋の実を生で食べるとシャキシャキしています。
例えるならばリンゴの食感が近いです。

生で食べると栄養素を多く摂取出来るので、生で食べるのが平気な人は、ぜひ生で食べてください!

生で食べる方法ですが、薄くスライスすると食べやすいのでオススメです。
マヨネーズやドレッシングなど、調味料を付けるとより美味しく食べられます。

皮は薄くて食べやすい

菊芋の皮も食べることが出来ます。
皮自体が薄いので剥かなくても、付けたままで食べられます。
本当に薄皮なので食べても全然気になりません。

それでも気になる人は皮を剥いて食べてください!
皮も食べられるというだけで、皮を残した方が美味しいといわけではありません(笑)

葉や茎は苦味が強い

菊芋の葉や茎は苦味が強いですが食べられます。

葉の方が苦味が少なくて、薄いので食べやすいです。
サラダに混ぜると美味しく食べることが出来ます。

茎は苦味が強いので、洗って下処理をして、しっかり味付けしましょう。
個人的に野菜炒め感覚で、焼きを入れると食べやすかったです。

菊芋はどの部分も栄養価が高くて食べることが出来ます。
健康のためにも全ての部分を美味しく頂きましょう!

菊芋は加工食品も栄養たっぷりです

菊芋そのものの食べ方を調べてきましたが、どうやら加工食品も栄養がたっぷり含まれていました。
加工食品でも健康になれるなら、正直菊芋を調理するよりも楽ですよね。

菊芋の加工食品の中でも特に評判の良いものをピックアップしました!

  1. 菊芋チップス
  2. 菊芋茶
  3. 菊芋パウダー
  4. 菊芋サプリ

菊芋チップス

菊芋チップスは商品として販売されています。
自分で作るよりも美味しいのでオススメです!
また菊芋の専門店が作っているチップスもあるので栄養素が豊富!
市販のポテトチップスを食べるぐらいなら、菊芋チップスを食べた方が健康的です♪

菊芋茶

菊芋茶の菊芋をメインに作られたお茶です。
健康茶として最近SNSで話題になっています。
菊芋の成分をガッツリ摂取できるのでオススメです。
味は少し苦めですが、後味がスッキリしていて飲みやすいのが特徴!

菊芋パウダー

菊芋パウダーは菊芋を粉状にしたものです。
菊芋純度100%なので、菊芋の効果を1番実感しやすいです。
パウダーなので使用方法は色々あります。

1番簡単なのは飲み物に混ぜる方法です。
ジュース・コーヒー・味噌汁など色々な飲み物に混ぜてOK。
パウダーの粉っぽさが苦手な人は、牛乳やお茶に混ぜると気になりません。

味が濃い料理に入れれば、菊芋の味が無くなります。
菊芋の味が苦手な人は、パウダーで摂取するのが良いでしょうね。

菊芋サプリは便利

菊芋の成分を手っ取り早く摂取したい人は、菊芋サプリがオススメ!
サプリを水やぬるま湯で飲むだけなので楽チンです。
しかし他の加工食品に比べて値段は少し高めになっています。

菊芋のオススメの食べ方を調べてまとめました。
菊芋そのものを調理して食べるのも良いですが、便利な加工食品が多く販売されています。
自分に合った菊芋の摂取方法を見つけて、健康的な生活を送りましょう!

コメント